倉元たつおの転がりつづける日々
福岡市議会議員・日本共産党・ロックンロールが大好きだっ・ 城南無料塾の塾長もやってます。あと、劇団すきやきの座長も。
201412<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201502
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「福岡成長中」は本当やろか?
福岡市・高島市長は市長選挙のときに

「福岡の成長進行中」
「1万人の雇用創出」

などと4年間の実績を誇らしげに語っていた。

でもね、ようと調べてみると、じつは格差と貧困が拡大しとるんよね。

福岡市では

◇廃業した事業所が開業(新設)の倍以上あるー差し引きで減っとるやん
◇給与収入の平均額が11万円以上減り、市内雇用者報酬も落ち込んでいる
◇正社員が2万5千人減って、非正規労働者が4万3千人増えた
◇中小企業の法人市民税が減少ー中小企業の元気がなくなっている

高島・福岡市長は、安倍政権の「アベノミクス」を絶賛して、福岡市でも「都市を成長させて税収を増やし、その富で生活の質を向上させる」なんてトリクルダウンを夢見ている。

でも、実際には市民の暮らしは様々な指標に現れているように厳しくなる一方なんよ。格差と貧困は広がるばっかり。

そのうえ、高島市長は

◼︎「特区」で解雇自由化(福岡市に進出してきた企業は労働者の首を勝手に切ることができる)
◼︎大企業の法人税減税(福岡市に進出してきた企業には税金をまけてやる。地元で歯を食いしばって頑張ってる中小企業をもっと応援してやれよ!)

をたくらんどる。

じゃなくて、もっと市民の暮らしを応援する政治をやらんと。正社員増やして働く人の収入を増やしたり、中小企業を支援したり、社会保障を充実させたりね。格差を縮める方向にシフトしていかんと。
スポンサーサイト
無料法律・生活相談会
【困った人はぜひおいでください!】
明後日!無料法律・生活相談会

1月21日(水)
19時から20時半まで
倉元事務所 福岡市城南区長尾1-17-16

・借金
・生活に困っている
・相続
・労働問題
・訴訟
・その他なんでも

福岡第一法律事務所の梶原弁護士とわたし、倉元達朗が親身になって相談を受けます。お気軽においでください。予約不要。
サザンオールスターズとキヨシロー
桑田さんの謝罪文は残念やね。

思ったのはキヨシローがああやって社会や政治のことを題材にして自由に歌ってたことは、オレたちが想像してた以上に大変なことだったんだろうな、ってこと。

飄々と振舞ってたように見えてたけど、実はキヨシローはめっちゃ闘かっとったんやろな。



ちなみに、人生で最初に買ったアルバムはサザンオールスターズの「10ナンバースからっと」でした。「いとしのエリー」聴いて「なんだこの退屈な曲は」と思ったのを覚えてる。「勝手にシンドバット」みたいなのを期待しとったんやね。


中学生の時、サザンのアルバムは全て揃えていた。
不良の女の子が「貸してほしい」というから貸してあげた。
その子が返してくれた時「結構、サザンってエロいよね」って。

当時のオレは歌詞の意味もわからず聴いとったんよ。
「えっ、どこが?」って応えたもん(笑)
どんど焼きのはしご
昨日は、どんど焼きのはしご(笑)。

7:00堤ヶ丘校区
8:30南片江校区
10:00堤校区
11:00長尾校区
13:00片江校区

一年間の無病息災を祈ってのどんど焼き。5つも回ったんで今年は病気もせず大丈夫やろう。さすがに、煙臭くなった(笑)。

「選挙おつかれさん」「また、がんばれよ」いろんな人たちに声をかけてもらいました。

(写真は堤丘校区。まだ夜明け前だったけどたくさんの人が集まっていました)

40人学級への後戻りやら許せん
財務省は来年度の教育予算を減らすために、小学校1年生の子どもの数を「35」から「40」にしようとしている。

「35人学級」は、2011年から小1で実施。小2が予算措置で行われている。小2以上も順次35人に改定することが国会でも全会一致で決議されている。

おかしいやろ!

財務省の言い分は「35人学級は効果がない」

でも、文科省の検討会議でも「国の責任において、中学3年生まで35人以下学級を実現できる教職員定数の改善を行うことが必要である」と結論づけている(2012年)

文科省も効果について認めとるわけやね。

「35人学級」について全国連合小学校長会が行った学級担任へのアンケート
◼︎学習意欲が向上97%
◼︎きめ細かい指導が充実99%

保護者へのアンケート
◼︎先生はきめ細かに対応してくれる95%
◼︎子どもは勉強が好きになった84%

抜群の効果やん!

福岡市では市民や教育関係者の粘り強い運動で、独自に小4までと中1で「35人学級」が実施されている。

すでに小2を超えて35人学級を実施しているのは44都道府県。全学年実施は15府県。35人学級は特別やなく当たり前なんよ。

なのに、何で国が率先して後退させないかんのか?

「40人学級」に後戻りやら許せんよ。
全学年「35人学級」が国民の願いなんよ。

財政が厳しい?
子どものためだ、なんとかしてやれよ!

何?軍事費4兆9800億円 過去最大 2015年予算案で最終調整だと!
オスプレイや水陸両用車を買う予算を教育にまわせんのかね。
OECDの報告書
先進国の集まりであるOECDの報告書では、OECD諸国で、過去30年間で富裕層と貧困層の格差が最大になったらしい。さらに、格差拡大が各国の経済成長を損なっている、とまで言っとる。

実際、日本も格差が広がる一方、経済成長率は、ここ20年で5.6%下がった。

お金持ちや大企業はどんどん金持ちになって、お金持っていない人はどんどん生活が苦しくなるという「アベノミクス」という経済政策というか希望的観測は、国際的な常識に照らしても通用せんことが証明されつつあるよね。

「この道しかない」やなくて「この道に先はない」。

追記

こないだ福岡市議会を傍聴したら高島市長がアベノミクスを絶賛しよった。痛い市長さんです。
小選挙区制マジック
総選挙で自民党が獲得した得票は、有権者比では比例代表選挙で「17%」、小選挙区選挙で「24%」にすぎない。

それでも与党が3分の2を超える議席を得たのは小選挙区制というマジックがつくりだした「虚構の多数」やね。安倍政権は国民に信任やらされとらん、と改めて思うね。

だいたい、小選挙区制は、20年前に、「政権交代可能な制度」などとして導入されたんやけど、実際は、大政党有利に国民の意思をゆがめることで、「独裁政治」をもたらす危険きわまりない制度になっとる。

「虚構の多数」を背景に「この道しかない」とか国民の声に耳を貸さない安倍政権はその典型。
総選挙後の世論調査
共同通信が、選挙後に行った世論調査
◼︎憲法改定「反対」50.6%
◼︎今後景気がよくなると思うか「思わない」62.8%
◼︎消費税10%「反対」57.5%
◼︎名護市辺野古への移転計画「いったん停止」「白紙に戻す」63.7%

日経新聞とテレビ東京が、選挙後行った世論調査
◼︎原発再稼働「進めるべきではない」55%

国民の5割から6割は反対しとる。
安倍政権が進めようとしよるどの問題でも国民の多数が反対しよるという現実が、総選挙の前となあも変わっとらん。

暴走を続ければ続けるだけ、自ら墓穴を掘ることになるのを肝に銘じろ。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。