倉元たつおの転がりつづける日々
福岡市議会議員・日本共産党・ロックンロールが大好きだっ・ 城南無料塾の塾長もやってます。あと、劇団すきやきの座長も。
201511<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201601
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
保健福祉総合計画の問題点②
福岡市保健福祉総合計画のたたき台で、もう1つ問題だと認識しているのが「『配る福祉』から『支える福祉』へ」というスローガンである。具体的には「敬老金 敬老祝品」を大幅にカットするというもの。つまり、行革で福祉を削るための言い訳スローガン。「支える福祉」の内容も大したことはない。
「下流老人」という言葉にあらわれているように、高齢者の貧困は深刻さを増している。そうしたなか、直接給付の制度=「配る福祉」を一概に悪と見る見方は正しくない。所得が低い世帯は給付金をすべて消費に回すわけだから、決して捨て金にはならない。地域循環型の景気対策にもつながる。
そもそも「配る福祉」と「支える福祉」を対立的に表現しているのが間違いであり、どちらも必要なものである。
必要なものにきちんと予算をつけること!お金がないなら無駄使いを止める!あたりまえのことをやることが必要。
市民の健康や命の犠牲の上に成り立っている都市の発展っておかしいやろ?
スポンサーサイト
保健福祉総合計画の問題点①
福岡市保健福祉審議会委員を拝命している。

いまやってることは次期「保健福祉総合計画」の策定。医者や学者、NPO、地域代表など様々な分野からスペシャリストが集まってくる。
「健康・医療」「地域」「高齢者」というテーマで論議され計画に反映されていく。勉強不足を痛感することばかりです。

福岡市保健福祉総合計画のたたき台で納得できないのが「高齢者関連施策の再構築」といわれるもの。
例えば、インセンティブポイント制度を導入するという。地域活動、ボランティア等をやった人は福祉施策がやってない人より受けられる。逆を言えば、やってない人はあまり受けらられないということだ。

体の調子がすぐれない人ほど福祉施策に頼ることが多いのに、地域活動やボランティアに参加できないから施策に頼る機会を減らされる。これはインセンティブポイント制度の矛盾点だ。
同じ条件の元での努力を評価することが前提だが、身体の稼働状況が異なる高齢者にこの制度を導入するには無理がある。

高齢者施策にインセンティブポイント制度を持ち込めば、地域活動に参加できない人は劣等感を持つだろう。参加している人は「インセンティブを受けたいなら活動に参加すればいいのだ」という優越感を持つ。

つまり、高齢者の間にいらぬ分断を持ち込むことになる。そんな社会を高齢者は望んでいない。
下水道料金減免制度廃止に道理なし
生活と健康を守る会の対福岡市交渉に同席しました。なかなか声を上げにくい生活保護受給者が自分たちの実態をリアルに語り、制度の充実を求めていく貴重な場。受給者にとって制度は命綱。
それだけに緊迫した空気が張り詰める。対応する市職員の顔つきも緊張気味。
福岡市は、生活保護世帯への下水道料金減免制度を廃止する方向。交渉では、扶助費の削減でただでさえ苦しい生活を強いられているのに、これ以上負担が増えるとどうすればいいのか、と悲痛な訴えが次々とされる。
水道料金に連動する下水道料金は子育て中の多人数世帯には負担が大きくなる。
だいたい、福岡市は下水道料金減免廃止を「慎重に検討してきた」というが、受給者当事者の意見や生活実態は何も聴いていない。「どうしても廃止しなければならない財政的理由」や「緊急性」の問いにも答えられず、最後は「再検討」を約束した。削減ありきの制度廃止に何の根拠がないことが証明された。
「行財政改革」とか言いよるが、何てことはない。ただの生活保護世帯へのいじめだ、下水道料金減免制度廃止は。財政が厳しいとはいえ、どうして生活に困窮する人からお金を巻き上げようとする。
一方で、人工島に毎年100億円、ウォーターフロント開発、こんなもんは聖域にしやがって。ふざけんな!
浮かれ過ぎのウォーターフロント計画
「博多の街縦断ロープウェイ」新たな大型開発ウォーターフロント地区と博多駅を結ぶとの新聞記事。
まあ、よくこんな浮かれた話が次から次へと出てくるもんよ福岡市。クルーズ船がたくさん入ってくるからってなんでもあり。
くだらねえ。
福岡市がすすめる博多湾のウォーターフロント地区の再整備。公募された提案を見たけど酷すぎる。
福岡サンパレスを壊して新しいホールをつくる。新しいターミナル、大型ホテル、ホテルの中にはカジノ。連結バスの専用道路。
んで、どれだけの事業費がかかるの?って訊いたら「わかりません」って。
事業費がわからない福岡市の「ウォーターフロント地区再整備」。
人工島と同じように莫大な税金が投入されるだろう。
そして、暮らしと福祉が切り捨てられる。
何度となく繰り返されるこのあやまち。
完成目標は20~30年後。子や孫のためにもムダな借金はつくったらいかん。
結局、財界が儲かるだけやけんね、大型開発は。
財界にではなく中小企業に税金を回そう。
働いている人がハッピーになれるような税金の使い方をさせよう。ムダな税金の使い方をチェックしよう。
いまの市長や財界が目論む元気都市・福岡市ではなく、市民自身が元気になれる福岡市をつくろうぜ。
最賃デモ
最賃デモはイイ感じやった。沿道の反応も良かった。
みんなの所得を上げることが幸せの道だとオレは確信しとるけんね。
こげなデモはもっとやらないかん。
金はあるとこにはあるんやけん、うまいこと分配せないかん。それをやるのが政治の役割やろ?
その仕事をせん奴は退場してもらわないかん。
あたりまえ。
一生懸命働いても、安い賃金しかもらえんで、公務員やら生活保護世帯を「あいつらイイよなぁ」って思わされるような社会を変えらないかん。
軽減税率は「詐欺」
与党が「軽減税率」やら言いよるが、「軽減」やないけんね。消費税の2%アップで5兆4千億円の増税になる。そのうち1兆円だけは増税をやめて、残りの4兆4千億円は増税するということ。

増税なのに「軽減」やら言いよるのは「軽減詐欺」ばい。
だいたい、何で消費税を10%に上げらないかんとか。

社会保障のためとかまだ言いよるらしいが、医療、年金、介護、全部切り捨てよるやん。

財政再建って言いよるが、大企業に法人税減税やるんやろ。

軍事費も5兆円を超すんやろ、来年度初めて。
こないだ消費税率が8%になってから、GDPはマイナス成長になったやん。

国民の所得は減っとるやん。

消費も落ち込んどるやん。

こげな時に、10%にしたら暮らしも経済もメチャクチャになるばい。

止めときない、消費税率10%への引き上げは。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。