倉元たつおの転がりつづける日々
福岡市議会議員・日本共産党・ロックンロールが大好きだっ・ 城南無料塾の塾長もやってます。あと、劇団すきやきの座長も。
201512<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201602
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暖房を使用させろ 市教委に申し入れ
福岡市教育委員会に、暖房を使用させよと申し入れを行いました。

対応した教育次長は「我々も問題意識を持っている。温度調査をやっている。急いでこういう問題は方向示すべき。
ただ、使うとなると誰の判断でということになる。検討を進めている。教育委員会に伝える」と答えました。



福岡市教育委員会
 委員長 八尾坂 修殿
 教育長 酒井 龍彦殿

市立学校普通教室の暖房使用等についての緊急申入れ

2016年1月25日

日本共産党福岡市議団
団 長 星野 美恵子
幹事長 中山 いくみ
ひえじま 俊和
倉元 達朗
熊谷 敦子
綿貫 英彦
堀内 徹夫

 1月19日以降、福岡市では過去30年間の1月の平均気温を下回る寒い日が続き、23日夜からは記録的な寒波に見舞われ、降雪・積雪等の影響で25日に福岡市の市立学校は臨時休校の措置がとられる事態となりました。
 こうしたもとで子どもや保護者から、「教室の暖房を使ってほしい」という声があがっているにもかかわらず、福岡市教育委員会は依然として、「衣服による調整が可能な範囲であるため、現状では暖房使用の必要性はない」(2015年10月16日の決算特別委員会第2分科会での答弁)という方針を変えていません。しかも、多くの学校現場では礼儀やマナー上の問題として、教室でのコート・ジャンパー等の防寒具の着用は認められていないのが実態です。
 エアコン設備があるにもかかわらず、このような厳寒の気象条件下でも、電気代を理由に暖房使用を認めず、子どもに無意味な苦行を強いている市教委の姿勢は異常といわざるをえません。
 こうした市教委の姿勢は、教室温度は「10度以上が望ましい」と定めた学校環境衛生基準、およびその「基準に照らして…学校の適切な環境の維持に努めなければならない」とした学校保健安全法に著しく反するものです。
 よって、すべての市立学校の普通教室での暖房使用をただちに認めること、授業中のコート等の着用による防寒を認めることを緊急に要請します。
 
以上

スポンサーサイト
寒いのに何で暖房禁止?
寒さの厳しい福岡市ですが、今日も教育委員会は小中学校のエアコンの暖房を禁止しています。
学校保健安全法に基づいて国が定めた学校環境衛生基準では「教室等の環境」の「温度」は「10度以上30度以下が望ましい」となっています。

福岡市教育長は暖房を入れさせないことについてこのような答弁をしとる。「外気温が10度を下回る場合でも授業時間帯の教室温度が10度以下で推移することはほとんどない」
しかし、昨日「教室の温度が2度まで下がった」という小学生の報告が市議団にあった。過去にも10度以下の記録は多数ある。

だいたい、基準の「10度以上が望ましい」というのが妥当だろうか?福岡市環境局に市役所内の設定温度を訊いてみた。節電に努めていると断りながら、「19度」という答えが返ってきた。やはり10度というのはいまの現状に合致してないよね。ていうか、子どもにだけやたら厳しい。

福岡市教育長はさらにこうも答弁している。「寒さについては衣服によってある程度の調節が可能である」
中学生なんか標準服やけん厚着も限界がある。うちの中学生同居人は学生服の下にジャージを上下着て行きよる。まともな着こなしじゃないよ。寒さを凌げばいいというもんじゃないやろ。

福岡市の小中学校でもインフルエンザが流行ってきている。寒けりゃ教室の換気も疎かになるし、何より風邪ひく生徒・児童が多くなる。学校保健安全法の目的は「学校における児童生徒等及び職員の健康の保持増進を図るため」と定めている。
この寒さに暖房を禁止するのは法違反だと市教委は認識すべきです。

福岡市の再生可能エネルギーについて
都市問題等調査特別委員会「再生可能エネルギー等の普及促進に関する取組状況について」に出席、質疑をおこなった。市政アンケートでは「再生可能エネルギーへの関心」について「関心がある」が91.2%と市民の意識が高く、福岡市としても頑張らないかん課題である。

福岡市の再生可能エネルギーの利用可能量は、太陽光・風力・小水力・バイオマス合わせると、1万6,596GWhとなる。市内の電力使用量は2009年のデータで9,228GWhであるから、エネルギーを自給できるくらいのポテンシャルが充分あるんよ。福岡市凄いぞ。

しかし、「福岡市環境・エネルギー戦略」(2014年6月策定)に謳っている目標は2030年に40万kw以上にするというもの。市内全域をまかなう利用可能量があるのに、市内電力消費量のたった8%しか目指さないのはあまりにも低すぎると思うわけよ。目標をもっと野心的なものに見直すべきやね。

福岡市の再生可能エネルギー導入率を8%しか目指さないという数字は政府目標と比べても異常だ。国は同年(2030年)までに22~24%を目指すとしている。
市の有識者会議でも、国が定める目標との整合性について不安と疑問が出されとる。
全国ペースの半分以下というのは情けなさ過ぎるよな。

再生可能エネルギーの比率を上げ、また、都市で市民がすぐにできるエネルギー対策として省エネがある。しかし、福岡市は「原単位」での目標はあるが「総量削減目標」は持っていない。人口どんどん増やせ!の都市膨張政策を掲げる本市で「総量」を意識しないとボンボンCO2を排出することになる。

「福岡市環境・エネルギー戦略」では、原発について何も触れていない。原発の将来比率を訊くと「国がやっていることだから」と逃げる。しかし、エネルギーを原発に頼っていくのかどうかは本市において重要なことだけに、あまりにも無責任な態度。これじゃあ、どんな「戦略」をつくっても無意味やな。

2014年度は原発ゼロの基で温室効果ガスが減った。西日本新聞は1面トップで報じ「再生エネ普及進む」と書いた。原発が稼働中は温室効果ガスは増え続け、ゼロになって減った。原発ゼロを決断して思い切って再生可能エネルギーを普及する立場に立ってこそ、爆発的に普及がすすむ。

原発に依存していては再生可能エネルギー普及などおぼつかない。
原発ゼロを福岡市として決断して、それを前提にした「戦略」=福岡市のエネルギー計画をつくらなければならない。
空き家を公営住宅に
福岡市の住宅数、世帯数ともに年間、1万戸・世帯以上も増え続けとる。一方で、空き家は約10.5万戸もある。
それでも、「家がない」という相談は結構寄せられており、マッチングがうまくいっていないことは以前から感じていた。
そういった点では、「空き家を『準公営住宅』に」という発想は悪くないんじゃないかなぁ。

子どもの医療費助成制度についての報道
報道によれば、就学前(3歳以上)の助成は上限額が導入されるため後退となる。
小学生への助成が新設されるが、こちらも上限額が導入されるので、無料化の願いから背くことになる。
中学生への助成はいままで通り「なし」
(通院の場合)
これで新聞の見出しのように「拡大」って言えるかね?
報道されている福岡市の子どもの医療費助成制度はこうなる(通院)
■0~2歳   無料  →無料(変わらず)
■3歳~就学前 無料  →月額上限600円(負担増)
■小1~6   3割負担→月額上限1200円(負担減)
■中1~3   3割負担→3割負担(変わらず)
2014年、福岡市議会に「中学3年まで医療費無料化を求める請願」が提出されている。
その署名数は、6万6千人分。
この運動に押されての助成制度の見直しなんやろうけど、市民の要求から見たら不十分としか言いようがないね。
ふくおか教育を考える会との懇談
ふくおか教育を考える会のみなさんからお話を伺いました。小学校・中学校全学年で35人以下学級の実施とスクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーの配置の充実を要望されています。
現在、福岡市は独自の予算をつけて、小学校の1年生から4年生全学級と中学校1年生が学校選択で35人以下学級を実施している。これは、市民の運動の成果。しかし、髙島市政になって少人数学級の拡充は停まったまま。学力競争に拍車がかかる中、先生も子どもも余裕をなくしてるいま少人数学級は急務。
スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカーの効果は教育委員会も認めるところ。しかし、カウンセラーは中学校区に1人くらい、ソーシャルワーカーは市内に24人だけ。財源をしっかりつけて増員してやれよ、国も福岡市も。
2015年お世話になった音楽家
【2015年お世話になった音楽家】太陽肛門スパパーン
徳永憲
中川敬
フラワーカンパニーズ
スチャダラパー
コーガンズ
曽我部恵一BAND
RCサクセション
忌野清志郎&2・3's
THE VOTTONES
太陽肛門スパパーンの新譜はもはや中毒になりつつあるくらい聴いている。中毒といえば徳永憲の世界にもハマりまくった。中川敬の新作もさすが大型新人フォーク歌手らしい安定感。フラカンの歌にはいつも励まされています。シールズの街頭宣伝でスチャが出てきたのに感動。コーガンズ復活待ってるよ。
【12月にお世話になった音楽家】
徳永憲
太陽肛門スパパーン
Sex pistols
中川敬
Rebecca
Soul flower Union 
曽我部恵一
曽我部恵一BAND
The Blue Hearts
大友良英
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。