倉元たつおの転がりつづける日々
福岡市議会議員・日本共産党・福岡市議団幹事長です。ロックンロールが大好きだっ。あと、劇団すきやきの座長も。
201806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201808
風呂ぐらい入れる生活保護制度に
みんな週にどのくらい風呂に入っているんだろう?
調べてみると、77.2%

中央調査社「入浴に関する世論調査(2004年)」
http://www.crs.or.jp/backno/old/No566/5662.htm

毎日入る人がほとんどという結果が出ている。
冬はあったかい湯船に浸かると気持ちいいよね。夏の暑い時の風呂もさっぱりして良い。
風呂の入り口にiPadをおいて音楽を鳴らして聴くのも楽しいし、風呂で本を読むのも好きだ。何よりも1人になれて落ち着く。そういや「逃げ恥」のガッキーも風呂場で仕事してたな。

さて、本題。生活と健康を守る会の年末要求の対市交渉に参加した。この会の会員さんは生活保護受給者が多く、制度の運用についてのやり取りが当然多くなる。

今年、福岡市は60年間独自に行ってきた下水道料金減免制度を廃止した。この間、生活保護基準が引き下げられてきただけに、世帯の負担が増える減免廃止は当然、生活を圧迫する。その実態が各人から交々語られた。

その特徴は、発言された方すべてが「水道料を減らすために風呂の回数を減らした」と訴えた。下水道料金は水道料金に連動するので、水の使用量を減らして生活を防衛しようとしているのだ。

では、この人たちがどのくらい風呂に入っているのか。発言によると「週二回」と語った人が一番多く、「週一回」、「月一回」という人もいた。しかも、冬は寒いので夏のように水をかぶるわけにはいかないので、仕方なく入っているという発言が相次いだ。普段は風呂には入らないようにしているのが前提になっている。

他にも「自分の髪の毛を匂って『まだいけるかな』と判断しています」とか「風呂の水位を低くしている」という声も。

発言を聞いてて辛かったね。風呂ぐらい入れる制度にしてやれないのだろうか。こんな実態に追い込んだのが、下水道料金減免廃止である。食事は日に2回、風呂も入れない、健康な生活も、文化的な生活も保証されていないことはあきらかである。

市にこれからも受給者とともに減免制度の復活を求めていこう。そして、国に対しても生活保護基準の引き上げを求めていこう。最低限の生活を営む権利は誰にでもあるのだ。









関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.