FC2ブログ
倉元たつおの転がりつづける日々
福岡市議会議員・日本共産党・福岡市議団幹事長です。ロックンロールが大好きだっ。あと、劇団すきやきの座長も。
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
福岡市にロープウェイは必要?


【福岡市にロープウェイは必要?】

写真はロンドンのロープウエー「エミレーツ・エア・ライン」です。2012年開業。最高高度93メートル。駅は2つ。所用時間5分。1日3,500人が利用。片道大人675円程度というものです。

ロンドン市長が個人的に強く望んで導入に至ったプロジェクトとして知られており、市長の「自己陶酔プロジェクト」と地元では揶揄されているそうです。「開通費用は民間費用でまかなう」という方針も達成できず、観光シーズンは乗客が増えるが、通勤利用者はゼロというデータもあるそうです。(「自治体国際化協会ロンドン事務所月報」より)

オリンピックに便乗して作っちゃったんでしょうね。ロンドンも大変です。

しかし、他人事ではありません。というのが髙島市長が打ち上げた「福岡スカイウェイ」構想です。
http://www.sankei.com/region/news/171222/rgn1712220062-n1.html
「福岡市の高島宗一郎市長は21日の記者会見で、博多駅と博多港ウオーターフロント地区を結ぶ新しい交通手段に関する研究会を設立すると、明らかにした。高島氏は自身の夢として、ロープウエーを導入する構想を描いており、事業性について助言を受ける」

「ロープウエー」ですよ、みなさん。博多駅と福岡サンパレスあたりまでの大博通りをロープウエーで結ぶ!最初に聞いたときは冗談かと思いました。「皿倉山かっ」とツッコミ入れましたよ。しかし、新年度予算では調査・検討費として2,000万円が組まれています。冗談どころか現実味を帯びてきました。

JR九州の青柳社長は「(総事業費は)100億円かかるといわれるが、ロープウェイの輸送力は結構ある。事業として成り立たせるのが課題だが、市の方針が決まれば、ぜひ参加したい」と語っています。これはもうかなり話が進んでいる感じです。

腹が立つのは髙島市長がこの構想を「自身の夢」と語ったことです。前出のロンドン市長の「個人的に強く望んで導入」に似ていますね。夢を実現することは構いませんが、税金ではなく自分のお金でやるべきではありませんか。公私混同も甚だしいと思います。

福岡のロープウエー構想は海外の導入事例を参考にして進めていくそうです。ロンドンの事例も参考例の一つだそうです。しかし、どう見ても失敗例にしかみえないロンドンの事例を参考にしているところを見れば福岡市での失敗も見えているのではないでしょうか。市民の暮らしが大変な時に髙島市長の「夢」を実現するために多額の税金を投入して不要不急のプロジェクトを進めて良いのでしょうか?

#福岡市にロープウェイはいりません
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.