FC2ブログ
倉元たつおの転がりつづける日々
福岡市議会議員・日本共産党・福岡市議団幹事長です。ロックンロールが大好きだっ。あと、劇団すきやきの座長も。
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
続々・福岡市にロープウェイは必要?


【続々・福岡市にロープウェイは必要か?】

今回も髙島市長のロープウェイ建設“福岡スカイウェイ構想”について考えてみます。

市がつくった「福岡市ウォーターフロント地区アクセス強化研究会」の資料http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/61905/1/180117daiikkaisiryou.pdf
によると博多駅とウォーターフロント地区を結ぶ大博通りに「道路空間を立体的に活用した新たな交通システム」が必要としています。

その必要性の根拠としてウォーターフロント地区へ人と自動車が大量に集中するから、と述べています。つまり、第2期展示場(マリンメッセをもう一つはつくろうとしている)、ホテル、商業施設等々をつくれば人が増えるだろう、MICEももっと活性化するはずだという希望的観測の推定値が資料に記載されています。(写真)

その数は「16万人/TE(トリップエンド)」←机上の空論です。

これだけ人が集まるからバス路線だけじゃ足らない、地下鉄はコストがかかる、だから新交通システム=ロープウェイが必要だというのです。

注意が必要なのは、16万人/TEとは1日に16万人がウォーターフロント地区にやってくるという意味ではありません。到着と出発それぞれがカウントされ、しかも地区内でA地点からB地点へ動くのもすべてダブルカウントされた結果が16万人/TEの意味です。実際には半分の8万人を大きく下回る人しか集まらないというのが市の推計の真実です。

あたかも大きな数字を発表して新交通システムが必要と市民に思わせようとするやり方は感心しません。

しかも、この16万人/TEに達するにはあと何年かかるのか。なんと「30年後」です。そんな先のことを福岡市が予測できるのでしょうか。いや、できません。

人工島を見てください。「埋め立てた土地を売って賄うから1円も税金は使わない」と言っていました。しかし、「社会情勢の変化が原因」と言って、市の財政から毎年100億円以上もの支出をし、全部売れたとしても160億円から421億円の赤字の見込みです。こんな大赤字を出す福岡市の予測を誰が信じるでしょうか?

ウォーターフロント再整備構想そのものが無理な計画です。
①インバウンドは政治情勢によって来訪者数が大きく変動する
②日本同様、韓国も中国も高齢者社会を迎えるので旅行客数が読めない
③各自治体がクルーズやインバウンドの呼び込み競争を行なっており、福岡一人勝ちの保証はない
④福岡市の人口も当然減っていく

これらの懸念材料が30年後クリアされると誰が断言できるでしょうか。まさに見切り発車のプロジェクトと言わなければなりません。ロープウェイだけでなくウォーターフロント再整備構想自体も中止させないと「第2の人工島」となり後世に多額の借金を背負わせることになります。(ウォーターフロント再整備構想の総事業費を髙島市長は未だに明らかにしていません)

髙島市長の「夢」に30年後の子どもたちが付き合わされれる筋合いはありません。私たちがこんな無駄遣いを今、やめさせなければなりません。

#福岡市にロープウェイはいりません

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.